2019年10月19日

LINEを復活させました・・・やむを得ずですが

nanako1.jpg

世の中(特に若い世代)では、LINEは通常の連絡手段になっているかと思いますが、私はどちらかというと性格に合わないので、LINEはやめていたんですが、やむを得ない理由で復活というか新規登録をしました。

スマホ版ではなくPC版をインストールしました。

でも、あんまりLINEでやりとりしたくないので、IDとかはふせときます。

困ったなあ。LINEはあまり好きでない人間でした。

posted by tsurutsuru at 15:03| Comment(0) | 日常茶飯事

全国のドリップコーヒー党の皆さん、私にあなたがお気に入りのドリップコーヒーを1袋か2袋お送りください!!(1日目)

nanako1.jpg

全国のドリップコーヒー党の皆さん、私にあなたがお気に入りのドリップコーヒーを1袋か2袋を(ご厚意で)お送りください。

下記の住所にお願いします。
〒722-0061
尾道市百島町2567−33
今井誠司

試飲して、このブログとかツイッターとかツイキャスでご紹介します(希望者はお名前も)。

どうか全国のドリップコーヒー党の皆さん、ご協力お願いします。

(ドリップコーヒーお送りくださいキャンペーン1日目)

このキャンペーンをこれから1カ月毎日やろうと思います。

posted by tsurutsuru at 11:03| Comment(0) | 日常茶飯事

日本人なら玄米を食べろ! 白米主義者は日本人ではない!

nanako1.jpg

日本人が白米中心の生活になったのは江戸中期からと言われています。

とすると、信長秀吉家康らは玄米中心だったと思われます。

昔の日本人は白米なんか食べなかったんですよ。

日本人も玄米中心の生活を続けていたら今の病気も半減していたと思いますよ。

白米主義者も少しは反省した方がいいと思います。

だって、玄米から栄養がある部分を取ったのが白米なんですから。ほとんどカスを食ってるようなもんです。

そういう馬鹿げたことはやめた方がいいですよ。

日本人なら玄米中心の食生活にした方がいいですよ。

もちろん、個人の自由ですから、白米もいいですが、重い病気になりたくなかったら玄米を食べた方がいいと思います。

あくまで個人的な意見として書いていますので、そのつもりでお読みください。

posted by tsurutsuru at 09:37| Comment(0) | 日常茶飯事

土曜日の朝もJazzでグッドモーニング! "Smooth Jazz With Rain 10 Hours"

nanako1.jpg

いま現在雨が降っている地域も多いと思いますが、百島も雨空です。

少し降ってはやんでまた降るという感じでしょうか。

今日は一日雨ということで気分は冴えないかも知れませんが、雨好きの私には最高の土曜日です。

雨の音を聴きながらJazzというのもおつなもの。

で、土曜日の朝、聴いているのは、"Smooth Jazz With Rain 10 Hours" です。

レイニーな土曜日を楽しみましょう!

では。

posted by tsurutsuru at 08:03| Comment(0) | 日常茶飯事

昔はキチガイが町中に結構いましたが、最近は全然見なくなりましたねえ

nanako1.jpg

眠れないのでまた何か書きます。

キチガイについて。

昔は(私が小さい頃、昭和30年代後半)キチガイが普通にいました。

特に私が生まれ育った地域はどちらかというと裕福でない人たちが住む地域だったので、その分キチガイもたくさんいました。

それが町中でキチガイを見なくなったのはいつ頃からでしょうか。

昭和40年代はまだちらほらいたと思いますが、昭和50年代以降はすっかり見なくなりました。

これはキチガイがいなくなったのではなく、病院か施設かに小さい時から入れられるようになって、そのため町中で見なくなったのでしょう。

私も時々自分のことを半分キチガイではないかと思うことがあります。

少なくとも正常ではないとは思います(正常と思える期間が少ない)。

その意味でもこうやって離島暮らしをするのは私の頭にとっても半分治療しているようなものかも知れません。

日本が豊かになって大きく変わったことの一つに町中でキチガイを見なくなったことがあることを指摘する人がいないのはなぜなのでしょうか。

とにかくキチガイと言うのは昔は割と身近にいたことは間違いないのです。

今の若い人には想像できないでしょうね。

では、そろそろ寝る努力をしてみますか。お休みなさい。

posted by tsurutsuru at 03:07| Comment(0) | 日常茶飯事

2019年10月18日

貧乏であって貧乏でない、という不思議な生活ですねえ

nanako1.jpg

貧乏ですかと聞かれれば、貧乏ですと答えざるをえない今の生活。

でも、貧乏であって貧乏でない、というのが本当のところでしょうか。

ホリエモンも、今の時代、お金なくても暮らしていけるよと言っています。

本当にそうで、お金はあった方がいいに決まっていますが、じゃあ無ければどうなるのよと言われれば無ければ無いでなんとかなるとしか言えないですね。

貧乏であって貧乏でないというのは、精神的というか文化的というのか、そういう面では全然貧乏じゃあないのです。

で、そういう面に貧乏を感じないと人間不思議なもので貧乏な生活であっても貧乏に感じないのですね。

これは逆説的な言い方ですが、お金に余裕のある方も一度意識的に貧乏な生活されるといいと思います。

貧乏のすすめ、でしょうか。

一度経験するとそれまでの生活感が一変しますよ。

ホリエモンは、家持たない(ホテル暮らししているらしい)、車持たない、結婚しない、を実行していて人生の負債1億5千万円から解放されているそうです。

お金に困らないホリエモンでもそういうの実践しているのですから、皆さんも一度貧乏を経験されることをおすすめします。

ないない暮らしですね。そうすると新たな発見があるかも知れませんよ。

はからずも、貧乏のすすめ、の記事になってしまいました。

では。

posted by tsurutsuru at 07:16| Comment(0) | 日常茶飯事