2018年05月27日

脳に異常があってもそれを話をする相手がいません・・・日本の医療界はおかしいと思う

nanako1.jpg

目の画像2.jpg

こんなにはっきり脳が変形しているのにその影響が日常生活に出ないわけがありません。

特に働くときに出ます。

しかし、このMRI画像を撮影するまでそれが左脳の変形のせいだとは分からなかったのです。

このようなブログを書いていると脳に異常があると言っても信じない人がいます。

文章はとりあえず普通に書けるようです。

しかし、だからと言って脳に異常がないことにはなりません。

Aは出来てもBやCが出来ないのです。

しかし、人は(特にお医者さんは)Aが出来るのだから異常はないと言うのです。

本当に日本の医学界はどうかしています。

今後は、私の脳の実情を理解してくれるお医者さんを探すところから始めないといけないのです。

59歳にしてやっと脳の実情を理解してもらえる状況になったのです。

いずれにしても大変です。

posted by tsurutsuru at 18:02| Comment(0) | 日常茶飯事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: