2017年07月17日

統計学に出てくる最小2乗法で回帰直線を求める計算が理解できれば、ニューラルネットワークは理解できますよ

storage.mantan-web.jp_images_2017_05_21_20170521dog00m200017000c_001_size8.jpg

deeplearning1.jpg
ここまで上記の本を拾い読みして分かったことは、

統計学に出てくる最小2乗法で回帰直線を求める計算が理解できれば、ニューラルネットワークは理解できる

ということです。

ですから、まず統計学の本で回帰直線を求める計算方法のところを読んで理解できるなら、ニューラルネットワークは理解できます。

なぜなら、本質的に同じことをやっているからです。

ということで、そんなに難しいことをやっているのではないことが分かります。

理工系の大学で習う数学が理解できる人なら、慣れれば、ニューラルネットワークもディープラーニングもそれほど難しく感じないのでは。

ただ、層が深くなった時に多少面倒になるようなのでそこで多少理解に時間がかかるくらいでしょう。

私のような出来の悪い頭でもそれほど難しいとは思えないので、難関大学の理工系学科出身者ならむしろ簡単に思うのではないでしょうかね。

では、これから作業を始めます。

posted by tsurutsuru at 12:57| Comment(0) | 日常茶飯事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: