2017年07月16日

ディープラーニングが注目され始めたのは2012年のようです

storage.mantan-web.jp_images_2017_05_21_20170521dog00m200017000c_001_size8.jpg

ディープラーニングの次の本を拾い読みしています。
deeplearning1.jpg

この本によるとディープラーニングが注目されるようになったのは2012年からだそうです。

(以下原文)
ディープラーニングが現在のように大きな注目を集めるきっかけになったのは、2012年に開催された大規模画像認識のコンペティションILSVRC(ImageNet Large Scale Visual Recognition challenge)だと言われています。その年のコンペティションで、ディープラーニングによる手法が---通称、AlexNet---が、圧倒的な成績で優勝し、これまでの画像認識のアプローチを根底から覆しました。
(原文終わる)


ということはディープラーニングという手法が大きな注目を集めるようになってからまだ5年も経っていないということです。まあ、5年も経っているという言い方も出来ますが、最近になって注目されるようになったのですね。

では。


posted by tsurutsuru at 10:38| Comment(0) | 日常茶飯事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: