2017年04月20日

アメリカにとって朝鮮半島有事は何のメリットもない

sukinatype1.jpg

このところ朝鮮半島有事について書いているのは、別に煽っているつもりはありません。

現実問題として朝鮮半島有事が起こる可能性があると思っているからです。

しかし、こういうことも言えます。

それは、「アメリカにとって朝鮮半島有事は何のメリットもない」ということです。

アメリカには得することが何もないのです。

だから、朝鮮半島に向かっているはずの空母が実際はインドに向かっていた、ということになるのかも知れません。

この辺の情勢判断は一般人の個人である私には難しいですね。

北朝鮮が次に核実験した時に大きな動きがあるでしょうが、それを待っているだけというのも変な感じがしますねえ。

よく分からんなあというのが正直な思いです。

posted by tsurutsuru at 01:40| Comment(0) | 日常茶飯事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: