2017年04月09日

今年最初のクラシックレース・桜花賞で波乱がありました

sukinatype1.jpg

やっぱり桜花賞が始まると盛り上がりが違うなあと思います。

今年の桜花賞は4戦4勝のソウルスターリングという絶対本命の馬がいて、誰もがこの馬が勝つと思っていて単勝オッズが1.4倍にまでになりました。

ところが、3歳牝馬のレースです。まだ乙女の牝馬に何があったのか分かりませんが、その絶対本命のソウルスターリングが3着に敗れるという大波乱がありました。

勝った馬は単勝オッズが40.8倍の8番人気のレーヌミノルという馬でした。

やっぱり馬場が稍重と湿っていたのが影響したのでしょうか。

単勝オッズ1.4倍のソウルスターリングが3着に終わるだけでもびっくりですが、さらにびっくりする話がネットで話題になっています。

それは、どうもこの誰もが勝つと思っていたソウルスターリングの単勝を4000万円買った人がいるようなのです。

もしソウルスターリングが勝っていれば、この4000万円をつぎ込んだ人は1600万円儲けていたはずです。

これほどおいしい話はないとこの4000万円の人は思ったのでしょうね。

しかし、ソウルスターリングは3着に負けたので、この4000万円の人は4000万円を失ってしまったようです。

他人は思わず笑ってしまいそうですが、当人はさぞかし驚いたでしょうね。

まあ、それだけソウルスターリングが勝つと誰もが思っていたのですね。

波乱で始まったクラシックレースですが、来週は皐月賞です。さらに盛り上がって行くでしょう。

posted by tsurutsuru at 18:40| Comment(0) | 日常茶飯事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: