2015年10月29日

カープファンにとって工藤公康は忘れられない憎き選手であった

若いカープファンは知らんだろうが、工藤公康という名前は忘れられない憎き野球選手だった。

カープが強かった時代に工藤公康がいた西武と日
本シリーズを戦ったことがある。カープの3勝1分けで迎えた第5戦は延長戦になり延長12回に工藤公康のサヨナラ安打で負けて、その後3連敗して西武に負けてしまった屈辱の日本シリーズである。

工藤公康さえいなければカープは4勝1分けで日本シリーズを制していたはずだ。

いまだに工藤公康は憎き選手である。

工藤公康がソフトBの監督であるときにぜひともカープがセリーグで勝ち上がってソフトBと日本シリーズを戦ってあのときの仇をとてほしい。そうでないとこのままでは死んでも死にきれないのだ。

工藤公康よ、待っておれ。必ずあの時のカタキは取るからな。

工藤公康2.jpg工藤公康2.jpg



posted by tsurutsuru at 23:47| Comment(0) | 日常茶飯事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: