2019年06月24日

基本的にお金がないので生活レベルを下げて暮らしていますが、良く考えたら文化的なレベルは向上しています

nanako1.jpg

世の中不思議なもので、私には基本的にお金がない(これは自分が悪いのであって自業自得というやつ)のでかなり前から生活レベルを下げています。

ただ、生活レベルを下げるというのは予想外に大変で昨日思いついたから今日できるものではありません。

何度も試行錯誤というか悪戦苦闘というか何度も何度もいろいろなことをやってみて下げることが出来るようになりました。

一番の障害は固定観念ですね。固定観念が生活レベルを下げるのを邪魔するのです。

こうしなければいけないと思っていることがたくさんあって、それらをやめるかレベルを下げるかでなんとかなるのですが、そこに至るまでが大変なんです。

これほどまでに生活レベルを下げることが大変だと思いませんでした。

今でも苦労することがあるほどです。

でも、今ではなんとか少ない収入にあったところまで生活レベルを下げることが出来るようになりました。

そうなると後は楽です。

さらに面白いのは生活レベルは下がりました(皆さんが想像できないレベルまで)が、逆に文化的には明らかに向上しています。

この記事を書いている間でもYouTubeでモーツァルトを聴いていますし、文化的に誰に文句を言われるでもなく好きなことをやっています。

だから生活レベルが下がってもすべてが下がるのではないのですね。上がるものも出てくるのです。

これは大発見で、こればかりは私のような生活をしたものでないと理解されないでしょう。

だから、むしろ生きるということでは幸福度は確実にアップしているのです。

もちろん、それだからと言って私のような生活をすすめているのではありませんが、仮に私のような生活に陥ったとしても救い以上のものはあるということが言いたいのです。

特に文化的には確実に以前よりはアップしますからね。とても貴重ですよ、これは。

posted by tsurutsuru at 14:31| Comment(0) | 日常茶飯事

今は待つと言うことを学んでいます・・・今井式競馬予想の極意

nanako1.jpg

ここ2,3年今井式競馬予想で馬券を買い続けていかに待つことが重要かを思い知らされています。

豊富な資金ではないので、どうしても馬券を絞らざるを得ません。

そうすると的中率はどうしても低くなるんです。

一発的中さえすれば、でっかいリターンが得られるのですが、それがなかなか起きない。そうこうしてるうちに他の馬券が大当たりしています。

しかし、他の馬券は買っていないのだから予想が的中したことを虚しく喜ぶだけです。

そいうことが何回も続いたので、今年はのんびり待つことにしたのです。

のんびりということが大切ですね。

いままさに待つということを学んでいるところです。

posted by tsurutsuru at 11:32| Comment(0) | 日常茶飯事

ようく考えると、俺って東京が嫌いなんですね

nanako1.jpg

一時期東京が好きだから東京で暮らしているんだと思っていた頃がありました。

けれど、こうして生まれた町である尾道に戻っていろいろ暮らして見ると、俺ってやっぱり尾道が好きなんだなあとしみじみと思います。

その反面、東京や千葉の暮らしが嫌いだったんだなあと今頃になって気付きます。

もっとも、千葉県船橋市小室町の小室ハイランドB棟のマンションを購入して暮らしていた頃は良かったですね。

というのも千葉県船橋市小室町というのは千葉ニュータウンの一部で車がないと生活できないほどの田舎だったからです。

だから、その頃の生活は今も懐かしいですね。

私が購入した頃の小室ハイランドB棟はバブルの真っ最中で2000万円を超えていました。それでも破格の安値ですが、千葉銀行からお金を借りてやっと購入できたのでした。

いまネットで調べると500万円前後の価格ですね。4分の1ですか。下がり方としてはいい方かも知れないですね。

何が好きだったかというと周囲の環境ですね。自然があったのです。

いろいろ事情があって手放してそれ以来ずっと家賃生活ですが、あの頃お袋や姉の家族が泊まりに来て楽しかったですね。

ほんの少し母親孝行できた頃です。

ですから、千葉県船橋市小室町時代を除けば東京千葉暮らしは好きではありませんでした。

やっぱり私は近くに自然がないと暮らしていけないのですね。

posted by tsurutsuru at 08:43| Comment(0) | 日常茶飯事