2018年05月31日

なぜこの左脳なのにソフトウェア開発はOKなのか

nanako1.jpg

目の画像2.jpg

左脳がこんなに変形しているのに、なぜソフトウェア開発は出来るのか?

本当に不思議です。

posted by tsurutsuru at 07:42| Comment(0) | 日常茶飯事

左脳がこわれています(変形しています)

nanako1.jpg

目の画像2.jpg

このMRI画像を見てもらうと分かりますが、右側の脳(左脳)と左側の脳(右脳)が違っています。

左側が正常な脳です。

この一枚だけでも私の脳がどうなっているのかお分かりになるでしょう。

posted by tsurutsuru at 06:57| Comment(0) | 日常茶飯事

2018年05月29日

左脳に異常があると仕事をしても、人並み以下の仕事しかできません

nanako1.jpg

431-12.jpg

目の画像2.jpg

私が働くようになってから痛感したのは、人並み以下の仕事しかできないとうことです。

当たり前ですが、左脳はそれほど仕事でも重要だということです。

しかし、幸か不幸か例外があります。それはExcelを使った作業だとかソフトウェア開発の仕事です。

その方面の仕事をしたときだけ、左脳の損傷の影響が少なくてすみます。

なぜだか分かりませんが。

体や体の一部を動かす作業はみなダメです。

頭を使う作業の中にはいい結果が出ることがありました。

でも、全体的には人並み以下に終わるのです。

左脳がこわれると、実際まともに働けないのです。

それが分からないままずっと働いていたので、私の人生はめちゃめちゃになったのです。

posted by tsurutsuru at 19:13| Comment(0) | 日常茶飯事

59歳にして脳の異常を知る運命・・・複雑な気持ちです

nanako1.jpg

431-12.jpg

目の画像2.jpg

59歳にして脳の異常を知ることになりました。

とても複雑な心境です。

これからどうすればいいのでしょうか。

posted by tsurutsuru at 05:40| Comment(0) | 日常茶飯事

2018年05月28日

人間は脳についてはほとんど分かってないのでは

nanako1.jpg

431-12.jpg

目の画像2.jpg

脳に問題があると難しい。

なにしろほとんどの人は脳に問題がないので、脳に問題があるとはどういうことか理解しない。

歳を取って脳溢血とか起こって半身不随になってやっと脳に問題があるとどうなるかを知るのである。

しかし、私の脳の問題はもっとやっかいである。

それは半身不随になるまでは深刻ではないからである。

でも、私の左脳の変形が私の人生に及ぼした影響は実は深刻なものであった。

人生がめちゃめちゃになったのです。

本当にめちゃめちゃになったのです。

ところが、これを説明しようとしても誰も聞かないのです。

聞き手がいないのでは、私も打つ手がありません。

本当に深刻な問題なのです。

posted by tsurutsuru at 18:06| Comment(0) | 日常茶飯事

2018年05月27日

脳に異常があってもそれを話をする相手がいません・・・日本の医療界はおかしいと思う

nanako1.jpg

目の画像2.jpg

こんなにはっきり脳が変形しているのにその影響が日常生活に出ないわけがありません。

特に働くときに出ます。

しかし、このMRI画像を撮影するまでそれが左脳の変形のせいだとは分からなかったのです。

このようなブログを書いていると脳に異常があると言っても信じない人がいます。

文章はとりあえず普通に書けるようです。

しかし、だからと言って脳に異常がないことにはなりません。

Aは出来てもBやCが出来ないのです。

しかし、人は(特にお医者さんは)Aが出来るのだから異常はないと言うのです。

本当に日本の医学界はどうかしています。

今後は、私の脳の実情を理解してくれるお医者さんを探すところから始めないといけないのです。

59歳にしてやっと脳の実情を理解してもらえる状況になったのです。

いずれにしても大変です。

posted by tsurutsuru at 18:02| Comment(0) | 日常茶飯事