2018年02月28日

自分探しには失敗しましたが、人生への満足感は堪えずやってきます

nanako1.jpg

現在の私は他人が見たら人生の失敗者にしか見えないでしょう。

まあ生活上はそうです。

でも、私には不思議に満足感が堪えずやって来ます。

今の俺はこうだけど、でもこれまで精一杯やって来たという想いがあります。

今の結果は最低だけど、でもがんばったなあという満足感です。

この満足感が時々この私を幸せな気分にしてくれるのです。

M4318.jpg
このM4318を開発できたことが私に満足感を与えてくれるのです。
植木さんという若い方と一緒にソフト開発しました。
で、一から自力で開発しました。
本当に何もないところから最初のプログラムを書いていったのです。
普通はそんなことしません。すでに開発されたものを改良していきます。
でも、私は一から作る主義だったので一から作っていったのです。
要するに真向勝負したんです。
その分開発は何倍も大変になります。
でも、なんとか開発できたのです。
正真正銘の今井・植木のM4318なのです。
それが満足感を私に与えてくれるのです。

posted by tsurutsuru at 07:50| Comment(0) | 日常茶飯事

自分探しの旅は続きます

nanako1.jpg

精神障害者の件ですが、精神科の病院で否定されたのでそれに関連する記事は削除しました。

お医者さんは左脳の変形は認めましたが、だからと言って精神障害者にはならないと。

精神科は説明が難しいですね。

私は左脳の変形が生活行動に影響を与えていたのではということを知りたかったのです。それを精神障害者という言葉で聞いたつもりだったのですが、お医者さんは精神障害者そのものを考えてそう答えたようです。

やっと自分探しができたと思ったのですが、また振出しです。

自分探しの旅は続きます。

posted by tsurutsuru at 06:47| Comment(0) | 日常茶飯事

2018年02月26日

実はなぜ損な方を選択してしまうのかずっと分からなかったのです

nanako1.jpg

人生の選択は当然自分が決めるのですが、いつも損な方を選択してしまう自分になぜなのかよく分からなかったのです。

例えば最初に就職した会社をやめたときは36歳で、そのときの収入は税込で550万円でした。

次に派遣でNEC関連の会社へ行ったときは時給2400円でした。

特別にいいという訳ではありませんかでも標準的にはいい給料でした。

どちらも自分の方から辞めると言ったので、何も言わなければそのまま続けられたのです。

でも、私は辞める方を選択しました。それも悩んでやっと決めたのではなくいともあっさりです。

人生を舐めているのかと思いました。

でもどうしても辞めたいと思ったのです。

今から思うとそれは左脳の障害が悲鳴をあげてたのですね。

今になってやっと理解できます。

posted by tsurutsuru at 05:00| Comment(0) | 日常茶飯事

2018年02月25日

三鷹市の旧情報推進室の皆様に感謝しております

nanako1.jpg

私は派遣で働きに行くと大概1年でやめてしまいます。

理由は自分でもよく分からないのですが、嫌になっていつもやめてしまいます。

今になってみると左脳の障害のせいもあったのですね。

しかし、約10年前に勤務した三鷹市の旧情報推進室では比較的長く続きました。

これは一重の三鷹市の旧情報推進室の皆々様のおかげです。

いつもあたたかい目で見ていただきありがとうございました。

本当に深く深く感謝いたしております。


posted by tsurutsuru at 09:23| Comment(0) | 日常茶飯事

左脳が障害だったとすると次々と合点がいきます

nanako1.jpg

私は大学を卒業して高校の数学の先生を目指していました。

しかし、試験に落ちて2年間講師をしていました。

その時の先生体験から自分は教師に向いていないと思うようになりました。

生徒を全然コントロール出来ないからです。

その時はただその事実を受け入れて3回目で広島県の高校の教師の試験に合格したにもかかわらず、あきらめて別の途を探すことにしたのです。

左脳に障害があれば、生徒をコントロールするのは難しいでしょう。

長い間の疑問の一つが解けました。

posted by tsurutsuru at 05:47| Comment(0) | 日常茶飯事

2018年02月24日

今から思うと左脳の障害を思わせることがたくさんありましたねえ

nanako1.jpg

今から思うと左脳の障害に関係していそうなことがいろいろありましたねえ。

まず学校でノートがまともに取れませんでした。何度も取ろうとしたのですが、途中でいつもいやになって新しいノートが雑記帳になっていました。

結局中学高校大学を通して一回もまともに授業のノートを取っていません。後で人のノートを見せてもらうか、ノートを取らずに勝手に勉強して試験に臨んでいました。

それから英単語を覚えるのが出来ませんでした。やろうとするとすぐに眠くなっていつもだめでした。

辞書を引くときもそうです。辞書を引いても直後にすぐ忘れてまた同じ単語を引くということを繰り返していました。

当時は俺にはそういう能力がないんだと思ってあきらめていました。

これらは左脳の障害が関係していた可能性が高いですねえ。

ほかにもいろいろありますが、これくらいにしときます。



posted by tsurutsuru at 21:40| Comment(0) | 日常茶飯事