2017年08月24日

百島の「しまはち養蜂場」のご紹介

storage.mantan-web.jp_images_2017_05_21_20170521dog00m200017000c_001_size8.jpg

蜂が出たついでに我が家から100mも離れていないところで島田さんという女性がやられている「しまはち養蜂場」をご紹介しておきます。

ホームページはこちらです。
shimahachi1.jpg
http://www.shimahachi.jp/

Facebookはこちらです。
https://www.facebook.com/shimahachi/

人気が高くて常連客以外はなかなか手に入らないそうです。

posted by tsurutsuru at 22:35| Comment(0) | 日常茶飯事

なんとミツバチだと思っていたらどうもスズメバチ科のアシナガバチらしい!

storage.mantan-web.jp_images_2017_05_21_20170521dog00m200017000c_001_size8.jpg

我が家から100mもいかないところで女性の方が養蜂をされているのでてっきりそこから逃げ出したミツバチが我が家のトイレに巣を作ったものと思っていたらどうもそうではないようです。

ミツバチQ&Aという養蜂専門のサイトがあってそこで写真付きで質問したら、スズメバチ科のアシナガバチに見えるという回答を頂いたので早速ネットで調べたらスズメバチ科のアシナガバチにそっくりでした。

アシナガバチ
bee2.jpg

アシナガバチと巣
bee3.jpg

で、スズメバチ科と聞いて驚く方もいるでしょうが、このアシナガバチは怖くないそうです。

このように人の手にも乗っても大丈夫です。
bee4.jpg


Wikipediaによると

益虫
アシナガバチはおとなしい性格で、巣にいたずらをしなければほとんど刺してくることはない。むしろ蛾や蝶の幼虫を駆除してくれる益虫である。
特に、初夏の頃までにこのハチの巣があると、モンシロチョウの幼虫が増えないので、殺虫剤やネットを使用しないでキャベツ等の栽培・収穫ができる。多少の食痕が残るが、無農薬なので、家庭用には最適である。

とあります。

へえ、益虫ねえ。

ということでミツバチでなかったのは残念ですが、益虫らしいので我が家の家族ということでほっときます。



posted by tsurutsuru at 16:16| Comment(0) | 日常茶飯事

我が家の蜂どもです!

storage.mantan-web.jp_images_2017_05_21_20170521dog00m200017000c_001_size8.jpg

我が家の蜂どもです。
bee1.JPG

少し拡大したのがこれ。
hachi1.JPG

ちょっと暗いので分かりづらいかもしれませんが、並んでいるのと巣に丸まっているのがいるのがお分かりになるでしょう。

セイヨウミツバチだと思います。ニホンミツバチではないはず。違っていたらごめんなさい。

かわいいでしょう。

蜂はいいやつですよ、皆さん。僕はそう思います。

posted by tsurutsuru at 13:06| Comment(0) | 日常茶飯事

我が家のペットは蜂です!

storage.mantan-web.jp_images_2017_05_21_20170521dog00m200017000c_001_size8.jpg

ペットと言えば、ゴールデンレトリバーをずっと前から飼いたいと思っていますが、現在はある事情で無理です。

golden1.jpg

その代わりと言ってなんですが、我が家の現在のペットは蜂かも知れません。

家の外にある汲み取り式のトイレに巣を作って住み着いています。

私は平気なので自由にさせています。

私は蜂(ミツバチ)が好きです。

トイレに行くと時々ぶんぶん飛び回っていますが、気にせずに用を足しています。

かわいいもんです。

ですから、我が家の現在のペットは蜂と言えるかもしれませんね。(笑)

posted by tsurutsuru at 10:40| Comment(0) | 日常茶飯事

私がこの10年でずっと関心を持っていたのは品質工学なのです!品質工学会の個人会員になって品質工学を学ぼうと思います!

storage.mantan-web.jp_images_2017_05_21_20170521dog00m200017000c_001_size8.jpg

私がこの10年でずっと関心を持っているのは品質工学です。

ほんとこれだけなんです。

品質工学への理解が深まれば世の中はずっと住みやすくなると思っています。

私がデータ分析の手法を使って競馬予想をやっているのもディープラーニングを学習してるのもみな品質工学の理解を深めるためです。

こんど品質工学会の個人会員になって積極的に品質工学の学習会などに参加しようと思います。

皆さんも私と一緒に品質工学の勉強をしませんか。

面白いですよ。その応用は無限ですから。

品質工学会のHP:
http://www.qes.gr.jp/

posted by tsurutsuru at 09:44| Comment(0) | 日常茶飯事