2017年07月16日

今夜から数日をかけてPythonでニューラルネットワークの学習をやってみます

storage.mantan-web.jp_images_2017_05_21_20170521dog00m200017000c_001_size8.jpg

私はせっかちな性格で、ディープラーニングの学習をするのにディープラーニングの本を1ページ目からこつこつ学習するのが苦手です。
deeplearning1.jpg

それでいきなりやっちゃいます。MNISTという手書き認識で有名らしいデータセットを使って実際にPythonのプログラムを実装して認識させてみます。

コードは本に書いてあるので、後は私が使っているノートPCにどれほどの処理能力があるかです。

私はゲームの類はやらないのでグラフックボードを搭載しているPCは所持していません。

そんなに難しい作業でないので数日中に結果報告が出来ると思います。

それまではこのブログはお休みになります。明日は休日なのでちょうどいいですね。

面白い作業なので楽しみです。

では。

posted by tsurutsuru at 13:05| Comment(0) | 日常茶飯事

ディープラーニングの本を読むには数学が苦手な人にはちょっとつらいと思います

storage.mantan-web.jp_images_2017_05_21_20170521dog00m200017000c_001_size8.jpg

ディープラーニングの本:
deeplearning1.jpg

ディープラーニングの本は私のような理学部数学科出身の人間にはとても面白い本です。もちろん、まだ理解出来てるわけではありませんが、数学の専門書を読んでいる感じで読んでいてとても面白いです。

でも、数学が苦手な人には読むのは相当つらいと思います。

それでも、Pythonでのプログラムの実装は出来るので、感覚的には分かると思います。

結局、私の理解ではディープラーングの本質は統計学で、それを実現するための手法がいろいろ考案されているということです。あくまで、私の理解で間違っているかも知れません。

でも、ディープラーングの登場で数学科出身の学生の活躍の場が増えたことは間違いないですねえ。いいなあ。

posted by tsurutsuru at 10:53| Comment(0) | 日常茶飯事

ディープラーニングが注目され始めたのは2012年のようです

storage.mantan-web.jp_images_2017_05_21_20170521dog00m200017000c_001_size8.jpg

ディープラーニングの次の本を拾い読みしています。
deeplearning1.jpg

この本によるとディープラーニングが注目されるようになったのは2012年からだそうです。

(以下原文)
ディープラーニングが現在のように大きな注目を集めるきっかけになったのは、2012年に開催された大規模画像認識のコンペティションILSVRC(ImageNet Large Scale Visual Recognition challenge)だと言われています。その年のコンペティションで、ディープラーニングによる手法が---通称、AlexNet---が、圧倒的な成績で優勝し、これまでの画像認識のアプローチを根底から覆しました。
(原文終わる)


ということはディープラーニングという手法が大きな注目を集めるようになってからまだ5年も経っていないということです。まあ、5年も経っているという言い方も出来ますが、最近になって注目されるようになったのですね。

では。


posted by tsurutsuru at 10:38| Comment(0) | 日常茶飯事