2016年05月11日

百島の未来は無人島という厳しい現実が迫っています

普通に考えて百島の未来は無人島になると思われます。

現在の島の人口約700人のうち70歳以上の方が7割も占めるからです。

人口が減ると行政サービスが低下します。そうするとますます人口が減っていきます。

ですから何もしなければ無人島に向かうと思われます。

同じような運命にある過疎地は日本全国にたくさんあります。

20年後の百島は無人島に近い島になってしまっているでしょう。

百島への道1ー6.jpg



posted by tsurutsuru at 23:50| Comment(0) | 日常茶飯事

「Amazonパントリーで島暮らしを楽しもう」をシリーズ化します

「Amazonパントリーで島暮らしを楽しもう」という記事を書いたところ、興味を覚えた訪問者の方々が多かったので、こんな記事でいいならと思いシリーズ化します。

その前に「パントリー」の意味を確認しておきます。

元は不動産用語のことで、

「パントリー・・・もとはホテルなどで食器やテーブルリネンなどを保管したり配ぜんを行う場所のことで、住宅にも応用されるようになった。キッチンに隣接して設ける納戸のような収納スペースとし、日常使う頻度の少ない調理道具や什器類、食品や飲料のストックをしまうのに利用する。とくに食品庫として使う場合は、気温・湿度の管理が問題。外気の影響で温度が変わりやすいような位置を避け、十分な通気が確保できるようにしておきたい。」(goo辞書より)

荷物は専用のダンボール箱で送られてきます。
pantory1.JPG

届くのは一般の注文品と比べて少し遅めです。翌日届くことはありません。翌々日に届くことが多いです。

今回はこれで終わります。

次回は具体的な商品を紹介していきます。

では。