2016年05月18日

医療は患者主導になるべきで、医者のいいなりになってはいけません

長年の医療への疑問は、患者の意見を医者がまったく聞かないことです。

人間の体は一人一人微妙に違っているのに、現在の医者はそれを同一視して処方します。

ここに大きな間違いがあるのです。

一人一人人間の体は違っているという認識が現在の医療界にはなく、治療の都合で同じものとみなしています。

患者の過去の病歴や治療歴や子供の頃からの検査歴などのデータベースは取らないなど本気で患者のことを考えているとは思えません。

とにかく医者中心の医療から患者中心の医療に変わらないと「病院へ行くと殺される」という現実は無くならないと思います。









posted by tsurutsuru at 05:28| Comment(0) | 日常茶飯事

2016年05月16日

早速病院で担当医とケンカしてきました

病院はキライなので行きたくないのですが、ある事情でどうしても定期的に行かなくてはいけません。

今日はそのやむを得ない日でしたが、予想通り担当医とケンカしてすぐに病院を離れました。

私は今の医療は間違っていると思っていて、医者でなく患者が中心になるべきだと思っています。

しかし、こういう考えを持つ人はほとんどいません。

だから味方は一人もいない状態で、医者と戦うことになります。

でも今の医療は間違っています。だから人からあいつ頭がおかしいんではと攻撃されても戦わねばなりません。

間違っているものは正さないといけないのです。










posted by tsurutsuru at 19:23| Comment(0) | 日常茶飯事

私はお医者を信用していません

私は滅多に病院へ行きません。

それは現在の医療方法に疑問をずっと持っているからです。

それに今の医師がキライなのです。

世の中の人はお医者さんの言うことに従いすぎです。どんどん疑問を待つべきです。

私がたまに病院へ行くと担当医とケンカになります。担当医の言うことを信用していないからです。

とにかく今の医療は疑問だらけです。



posted by tsurutsuru at 04:28| Comment(0) | 日常茶飯事