2015年10月29日

カープファンにとって工藤公康は忘れられない憎き選手であった

若いカープファンは知らんだろうが、工藤公康という名前は忘れられない憎き野球選手だった。

カープが強かった時代に工藤公康がいた西武と日
本シリーズを戦ったことがある。カープの3勝1分けで迎えた第5戦は延長戦になり延長12回に工藤公康のサヨナラ安打で負けて、その後3連敗して西武に負けてしまった屈辱の日本シリーズである。

工藤公康さえいなければカープは4勝1分けで日本シリーズを制していたはずだ。

いまだに工藤公康は憎き選手である。

工藤公康がソフトBの監督であるときにぜひともカープがセリーグで勝ち上がってソフトBと日本シリーズを戦ってあのときの仇をとてほしい。そうでないとこのままでは死んでも死にきれないのだ。

工藤公康よ、待っておれ。必ずあの時のカタキは取るからな。

工藤公康2.jpg工藤公康2.jpg



posted by tsurutsuru at 23:47| Comment(0) | 日常茶飯事

自営業の時代がやってくる!!

日本の企業経営者は最低である。自分たちの不正による不振を従業員のリストラで対応しようというのです。

ほんと最低の経営者ばかりになってしまった。

このような時代に次第にサラリーマンを続けようという人は少なくなっていくだろう。


そもそも日本でサラリーマンが増え始めたのはわずか50年前からに過ぎない。それまでの日本は家族経営の農家や自営業者の方がサラリーマンになる人より多かったのである。

時代は変わる。これからは自分本位の経営者なんかに忠節をつくす人なんかいなくなるだろう。

自営業の時代がやってくるのだ。自分のやりたいように生きる人が増えてくるに違いない。

20年後には自営業の数がサラリーマンより増えていることだろう。
posted by tsurutsuru at 05:01| Comment(0) | 日常茶飯事